口説き続けた愛人と初セックスデート




通いつめたクラブの女。彼女は性格もよく金品は要求して来なかった。同伴もアフターもしない固いオンナだった。プロ意識が高かったのだろうか。抱きたいとは思っていたが、強引に誘うことはできなかった。ある夜、店を出た時、彼女が見送ってくれたが誘われるようなフェロモンを感じた。私には妻子がいたが、意を決して思いの丈を彼女に伝えた。数回データしたが、私は手を出さなかった。軽い男と思われたくなかったからだ。そして今日、ついに彼女とセックスする事になったのだ!

>>作品詳細はこちら